1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せきサイクルツーリングin津保川 2017  その2

まめじろうです

続きです。

まめこに見送られ、
私とミツカンさんの2人で、追撃開始。

直ぐに2つ目の峠に突入し、
いつもよりハイペースで上ります。

ミツカンさんもなんだか前より坂が強くなってる?
負けてられないとばかりに、
ケイデンスを上げて頂上へ。

息が上がってしまったのでちょこっと休んで
再出発。

既に坂の途中で数人、脚を付いてしまった方を追い抜き、
頂上でも数人。
って事で、なんとか最後尾は脱出。

2つ目の峠も下り終え、
3つ目の峠に向かう途中に第一エイド。

炎天下で峠2つを超えて、なんだかフラフラする。
スタンプとおもてなしの
「さわやかゆじゅ」&「志津の里」ってお菓子をもらい、
建物の影に避難。

001_20170531222423046.jpg

私は暑さで結構へばってましたが、
ミツカンさんは元気。
なんだか心強いです。

それにしても、
暑い日にさっぱりした柚子ジュースは最高ですわ。

おもてなしの配っているところに行って、
まめこがリタイヤしちゃった事を告げ、
もう一個ずつもらいポケットへ。
まめこへのお土産ゲットです。

まめこからは、
「回収車でスタート地点に送ってもらった」
と連絡があったので、
あまり待たせないように、頑張らなきゃね。

出発しようとした時、最後尾パンダもエイドに到着。
「さっきはありがとうございました」と伝える。
本当はお世話になったお礼に、
笹の一本でもあると良かったのだが‥。

エイドを出ると直ぐに、前から先頭集団らしき団体が。
この先の峠を越えて、さらに第2エイドも超えて来た団体。
速い!
あれに追いつくのは絶対無理だな‥。

で、3つ目の峠に突入。

まめこと一緒に走っている時より
ハイペースで上るため、直ぐに息が切れてしまう。
暑さで、頭がクラクラしてくるので、
ボトルの水を被りながら進むが、
なかなか頂上へたどり着かない。

去年は誰かに煽られて、
「アウター縛り」とかやってましたが、
今年は無理。

残り300mの看板を見た瞬間、
なんだか体力的にも精神的にもいっぱいいっぱいになってしまい、
まさかの脚付き。
直ぐ後ろを走っていたミツカンさんにまで脚を付かせてしまいました。

少し歩いて乗り直したミツカンさんとは違い、
私はそのまま300m、歩いて上る。
なんだか情けないことに、走れる気がしない。

で、歩いて頂上へ。
ミツカンさんと合流して休憩。
なんだか気持ち悪いし、水分足りないし、
それ以上に歩いてしまった事がショックで、
暫く動けず‥。

ミツカンさんにも付き合ってもらって
しっかり休憩を取り、
なんとか回復して来た所で再出発。

少し下ってまた直ぐ上り。
この上りはそんなに長くないから何とか通過。
とりあえず、ここまでで大きな峠は全て終了。

そこから第二エイドまでは
峠の下りと、下り基調の平坦道。

峠の下りは慎重に。
その後の下り基調の平坦は、
ミツカンさんとローテーション組んで一気に加速。

私もミツカンさんも、スプリンター寄りの脚質のため、
上りの遅れ(?)を取り戻すように
ガシガシ回してあっという間に第二エイド。

上りで体力的に削られたものの、
こういい走りができると精神的には回復する。

エイドでのおもてなしは、
柚子とキウイのギモーブっていうマシュマロみたいなデザート。

002_20170531222425aed.jpg

普段なら喜んで食べる所だが、
最後の峠辺りからボトルの水が空になっていたせいか、
食べ物より飲み物!
冷たい氷水をボトルに入れてもらいました。
冷たい水は本当に有難い。

少し休んでから出発。

003_20170531222426e13.jpg

ここから次のエイドまでは細かな坂があるものの、
基本は平坦。
またミツカンさんとローテーションで飛ばします。

スタート地点の横を通過。
「ひょっとしてまめこが沿道に出てるかな?」って思いましたが、
そのころまめこは、車の中で安静中。
そりゃそうか。

で、去年同様に脇道に誘導され、
あまり綺麗とは言えない細い道を走る。

もう直ぐ第三エイドって所で、
右脚に違和感。
「ヤバイ、これは脚を攣るかも」
って思い、足首をできる限り動かさないようにペダルを回す。

エイドにかなり近付き、大きな通りに出た所で
「エイドまでは攣る不安のある右足は使わず、
左脚だけでペダルを回そう」
って決め、右脚のビンディングを外す。
‥が、外した瞬間に右脚が完全に攣ってしまい
激痛。

とても左脚だけでペダルを回すことなんてできず、
左脚も慌てて外して停車。

とりあえず激痛が無くなるまで道の脇で
自転車にまたがったまま我慢。

暫くして何とか激痛だけはなくなり、
自転車に乗ってエイドへ。
痛みは残っているが、なんとかペダルは回せる。

ミツカンさんは、直ぐ後ろを走っていたはずの
私がいない事を心配し、
エイドの入り口で待っていてくれました。

エイドで自転車から降りて歩くと
自転車に乗っているより痛い。

スタンプとおもてなしの朴葉寿司と水、
胡瓜の一本漬けをもらい、木陰に腰を下ろす。

004_20170531222427ea9.jpg

ミツカンさんと2人でランチタイム。
美味しいはずの朴葉寿司だが、
脚の痛みと暑さでまいってしまい、
味がよくわからない。

食事を済ませ、ひと息ついて、
スタンプ押してくれたところで
エアーサロンパスみたいのがないか聞くと、
「エアーサロンパスはないけど、湿布なら‥」
ってことだったので、湿布をテープで固定。
これでまだ走れる!

005_201705312224294e0.jpg

「無理はしないように」って自分に言い聞かせて、出発。
が、今度は左脚。
ビンディングが嵌らない‥。
どんなに頑張っても後ろ側が「カチッ」っと嵌らず、
とりあえず前側だけ引っ掛けて走りはじめる。

第三エイドを出て少し走ると
去年みんなでリアルゴールドを買った所。
あ、正確には売り切れてミツカンさんだけ買えなかった所。
今年も寄ろうと決めていたのに、
今年は自販機自体がなくなっていました‥。

自販機に寄れなかったので、
少し走った後にみつけた小さなコンビニへ。
お店の前の自販機にはリアルゴールドはなく、
店内へ入るも、こちらもリアルゴールドはない。
って事で、代打のオロナミンC。

006_2017053122244163b.jpg

オロナミンCを飲みながら、
嵌らないクリートを確認していたら、
通りかかったスタッフが見てくれて、
「これは限界ですね」って。
確かにかなり擦り減ってたからなぁ。
それならそれで仕方がないって事で、
左脚は引き脚が使えないが、このまま行きます。

なんだか今回のイベントは、
Y君が出られず、P太郎が出られず、まめこがリタイヤ。
坂は上れず、右脚は攣り、左脚は引けない。
かなり苦戦を強いられていますが、
「絶対完走してやる!!」
って、逆にやる気が出てきました!!

とは思ったものの、
後半は割と街中を走るコース。
つまり、日影が少ない。
道路脇の温度計は34℃。
この時期に34℃って‥。

次の第四エイドではお菓子が振る舞われた。
いつもなら「ハッピーターン!」って食いつくのに、
食べる気にならず、小さなゼリーとグミだけ。

007_201705312224437e0.jpg

008_20170531222444bd4.jpg

日影で休んで、第五エイドを目指す。
往復で通る小さめの峠をフラフラ通過し、
関市役所前方面へ向かう全く日影の無い通りで
溶けそうになりながら、
これまた全く日影の無い第五エイドへ。

ここのエイドでは、
関フルーツって言うジュースと、
クッキーが振る舞われた。

009_20170531222446943.jpg

去年も一昨年も、ビタヨーグルト、
関フルーツ、関珈琲の中から選べるはずが、
関珈琲しか残っておらず、
「関フルーツがいいなぁ」っておもっていましたが、
3年目にして願いが叶いました。
クッキーは‥、このタイミングでコレはムリ
って事で、すぐにポケットへ。

パックジュースでは全く水分が足りず自販機へ。
ミツカンさんと小銭を合わせて
ギリギリ2本の炭酸水が買えたものの、
釣り銭切れで500円玉が使えないとか勘弁して!!

010_201705312224479d6.jpg

このエイドにて、久しぶりの最後尾パンダを目撃。
もう最後尾が来たのかって驚きながら出発。
残りは20㎞。

さっきも走った往復で通る小さな峠に差し掛かったところで
道路脇の雑草から、1匹のP太郎(猿)が飛び出して来て
引っ込んで行きました。
で、またしばらく走ると今度は道路の右側の藪から
またまた1匹のP太郎(猿)が‥。

前々から関には山しかないと思っていたが、
山には生き物がいっぱいですね。

山道を抜け幹線道路を走り、第六エイドへ。
エイドの入り口には、まめこが待っていてくれました。
スタート地点でしっかり休んだ後に車で移動して
このエイドで待っていてくれたようです。
なんだかいろいろあっただけに、ホっとします。

011_20170531222503205.jpg

第一エイドからポケットに入れて来た
さわやかゆじゅと、志津の里、
それから第五エイドでもらったクッキーをまめこにプレゼント。
あ、ミツカンさんからもクッキーが!
ありがとうございます。

013_20170531222505a9b.jpg

で、おもてなしのソフトクリームをもらう。
暑いからソフトクリームを楽しみにしていたのだが、
暑過ぎてソフトクリームよりサッパリした飲み物が欲しい‥。

014_2017053122250689c.jpg

ソフトクリームを食べ終わり、
あとはゴールまで残り9㎞。
もうちょっとで終われる‥。

015_201705312225084c5.jpg

016_20170531222509002.jpg

第六エイドを出てからミツカンさんが、
「先に言っておきますけど、
今日はゴールスプリント無理っす!!」
って。…いやいや、私も完全に無理だから。

しかし、スプリントはしないけど、平坦な道。
2人で何組かを追い越しながら、ゴール付近へ。

最後にグランドに続く激坂。
まめこは車で先に戻っているし、
最後の坂くらいがんばろうと思ったが、
坂の手前でギアが落とせず、
危うく立ちゴケしそうになり、
またもや脚付き‥。

止まってギアを入れてから乗り直し、ミツカンさんから遅れてゴール。

018_20170531222523f9d.jpg

019_20170531222525089.jpg

最後まで、なんだか上手くいかないイベントでしたが、
ミツカンさんがいてくれてよかった。
きっと今回、ミツカンさんがいなかったら完走出来てなかっただろうな。

走行距離は97.6㎞。

019-2_2017053122252685d.jpg

最後のおもてなしの柚子うどんを食べ、

020_2017053122252817e.jpg

記念撮影をして、

021_20170531222529890.jpg

022_20170531222546e6d.jpg

自転車を片付け、温泉に入り、
定番となった関イベント帰りのお好み焼きを食べてから帰宅。

023_20170531222547ef5.jpg

なんだか体力的にも、精神的にも自分の弱さが
モロに出ちゃった感じで、
今回のイベント、ちょっとトラウマになりそう‥。

帰宅後、まめこのガーミンにも走行距離が残っていました。
走行距離は13㎞。

024_2017053122254980d.jpg

体調悪い中で峠を含んだ13㎞。
完走はできなかったけど、立派によく頑張りました。

2人してリベンジが必要なイベントが出来ちゃいました・・・。


せきサイクルツーリングin津保川 2017  その1

まめじろうです

6月21日。
せきサイクルツーリングin津保川 2017に参加してきました。

今年で参加3年目の私とまめこ。
2年目のP太郎と、ミツカンさん。
今回はこの4人でエントリー。

Y君も参加するかと思いきや、
予想以上に定員に達するのが早く、
間に合いませんでした。

で、イベントの数日前。
腰を痛めたP太郎が不参加を決意。
がっかりだよ。

予定外に半田市に住む3人での参加になってしまったわけで、
朝、ミツカンさんを迎えに行って、
我が家の車に3人と自転車3台積みこんで、
関に向けて出発。

実はこの時点でもう一つ、不安要素が…。

まめこが体調不良。
貧血がひどくて、その不安から寝不足ときたもんだ。
普通ならとっくに「不参加」って言っててもおかしくないのだが、
「走りたい」とのこと。

天気予報では暑くなると言っていたし、
途中リタイヤも視野に入れつつ、現地まで判断先送り。

高速を乗り継いで、関に到着。
インターから会場までの途中に、コンビニへ。
朝7時だっていうのに、コンビニにも、道にもローディーがわんさか。
「あー、イベントなんだな」って実感する瞬間。

そんでもって会場へ。
3年間で、1番遅い到着。

とりあえず受付を済ませ、
受付にP太郎が不参加であることも伝えておく。

001_20170530223822496.jpg

あ、我が家では既に関イベントの風物詩的存在となっている
KUOTA兄さんにも会えました。

002_2017053022382448d.jpg

今年は何故かイベントスタッフーになっていました。
どーゆーこったい??

あまり時間も無いので、車に戻って自転車準備。
その間ミツカンさんはトイレへ。

トイレからミツカンさんが戻って来るやいなや
「朝から事件が起きた」
って。
何があったのかを尋ねたら、
「トイレのドア開けたら、真っ裸に心拍計だけ着けたおっさんが立ってた」
って‥。
そりゃお互い、朝から災難ですな。

さてさて自転車の準備は終わり、スタート地点に並びます。
ギリギリまで迷っていたまめこも走る事を決心した様で、
一緒に並びます。

003_20170530223825aba.jpg

周りを見ると、すでに見慣れたパンダ。

004_20170530223826ea9.jpg

絶対暑いでしょ…。
しかも重そうな自転車に、ビーチサンダル…。
ありえない…。

既に、気温が上がって来ていたので、
後方の日陰に入って開会式やコース紹介をやり過ごし、
順々にスタート。

後方にいた我々は、これまたかなり後方でスタート。

スタートから数kmは束の間の平坦区間。
私は軽いギアでクルクル回す。
まめこはいつもよりちょっと重めのギア。
そのせいか、平坦区間は去年より速い気がする。

すぐにジワジワと上りが始まり、

005_20170530223828acf.jpg

我々より更に後方からスタートして先を急ぐ方々に道を譲りつつ、
3人で最初の激坂突入。

006_2017053022383960e.jpg

坂ではミツカンさんに先に行ってもらい、
いつもの様にまめことゆっくり上っていく。
が、やはり体調的に無理があったか、
それとも気温が高いせいか、
いつもより辛そうなまめこ。
ゆっくり、ゆっくり上ってなんとか山頂へ。
イベント中に3つある激坂の内、最初の1個をクリアー。

007_20170530223840115.jpg

待っていてくれたミツカンさんと共に、
山頂で少し休むも、まめこが回復しない。
それどころか、なんだかフラフラしてる。

そうこうしている間に、
後方から見覚えのあるパンダが‥。
最後尾です。

パンダを見て少し焦るまめこだったが、
最後尾のパンダは優しく、
「無理しないで、ゆっくり行けばいい」
的な言葉をかけてくれる。

そんなわけで、最後尾パンダを引き連れて
ゆっくりと峠を下る。

1個目の峠を下ると直ぐに、
2個目の峠の入り口。

丁度その辺りに、落車して回収車待ちの
ローディー様。

少し通り過ぎてまめこを見ると、
結構下って来たというのに息を切らせ、
炎天下にも関わらず、「寒気がする」とのこと。
しかも、やっぱりフラフラしてるし。

これは本格的に無理だなって思っていたところで、
まめこがリタイヤを決意。

3人で落車したローディー様のところまで戻り、
到着していた回収車と、
最後尾パンダにリタイヤを告げる。

残念だけど、仕方がない。
本当は私がもっと早く止めるべきだったのだが、
まめこに走らせてあげたいって気持ちを
優先させてしまっていました。
ごめんなさい。

008_201705302238422bb.jpg

回収車のスタッフの方も、
最後尾パンダの方も優しく、
安心してまめこを任せられたので、
私とミツカンさんはイベントに戻ります。

現時点で最後尾っていうのがわかっていたので、
あとは追い上げるだけ!
ミツカンさんは「全員抜きます!」って
まめこに冗談で言って出発。
全員は無理だが、頑張って追い上げますよ。

つづく。


ぐるっと伊勢湾。その3

まめじろうです

続きです。

「蜂蜜まん」を食べらなくてガッカリした私。
津からこの日のゴールである鈴鹿を目指して走ります。
時間は12時半を過ぎたくらい。

朝からいっぱい食べていますが、
自転車は乗った分だけお腹がへります。

30分くらい走った所で、唐揚げ屋さん発見。
まめこはお腹空いていないとのことでしたが、
私は空腹。
その上唐揚げ専門店な訳で、
カラアゲニストの肩書きを持つ私としては
寄らないわけには行きません。

001_20170516231853186.jpg

「富やxx(ダブルエックス)」と言うお店。
なんか名前を聞いた事がある気がする。

002_201705162318556a8.jpg

って言う事で、
ガッツリ新商品の辛いチキン南蛮を注文。
定食ではなく、単品があれば単品が良かったのですが、
残念ながら定食のみのお店でだったので
ガッツリいただいちゃいました。

003_20170516231855f7e.jpg

初めてのお店で、王道ではなく新商品に走る。
カラアゲニストと言っておきながら、
唐揚げではなく、チキン南蛮に走る。
私の悪い所がバッチリ出ていますが、
お気になさらず…。

なかなかスパイシーで美味しい。
学生時代に近所にあったら週3くらいで通ったな。
‥今でもいけるか。

ガッツリ食べている横で
まめこは、飲み物のみ。

004_20170516231857cea.jpg

大好きな唐揚げをガッツリ食べて、上機嫌で再出発。

*005_2017051623185804a.jpg

10分も走ると鈴鹿市へ。

006_20170516231916d59.jpg

さらにそこから10分。
2日目の宿、「ホテルグリーンパーク鈴鹿」に到着。

007_20170516231917552.jpg

2日目は、宿泊費がかなり安かったので
夕飯、朝食付きのプラン。
ホテル一階のレストランで夕飯とのことだが、
よく見ると「鈴鹿みやび」って。
‥前日の夕飯は、「伊勢みやび」。
そうなんです。
ホテルの名前が違ったから全く気づいてませんでしたが、
同じ系列のホテルだったみたいで、
同じレストラン。
なんたる偶然。

で、時間はまだ14時。
チェックインできる15時までにはまだ時間があるので、
海の方へ行ってみることに。

008_2017051623191930d.jpg

1㎞も走らないうちに、漁港に出ました。
「砂浜かな~」なんて期待して海にいったので
ちょっとガッカリしながらも、少し走るといい感じの公園発見。

009_20170516231920193.jpg

010_20170516231922dff.jpg

ノラ猫がいっぱいいる公園で、
そのノラ猫が人懐こいこと。
まめこも私ももう、メロメロでした。

011_201705162319338b1.jpg

011-2_20170516231935818.jpg

012_20170516231937995.jpg

1時間くらいゆっくりして、
ホテルに戻りチェックイン。
2日目の走行距離は59.4㎞と抑え気味。

013_20170516231938e19.jpg

前日のホテルと同じ系列とわかってから、
若干期待していましたが、
「期待し過ぎちゃいけない」と
自分とまめこに言い聞かせつつ、
フロントで自転車を停められる場所を尋ねると、
最初は駐輪場を紹介され、
ロードバイクである事を伝えると、
こちらのホテルも
部屋への持ち込みを許可してくれました。
フロントの方が、誰かに確認するでもなく、
割と即答で!!
素晴らしい対応。

と言うわけで、「伊勢シティホテル」、
「ホテルグリーンパーク鈴鹿」は
ローディー様にはお勧めのホテルです。

しかも、この日の部屋は前日より広~い!!

014_20170516231939cd7.jpg

自転車を動かさないでもドアが開けられるではないか!!

ここからは前日同様、まずシャワー。で、洗濯。
今回はホテル内にコインランドリーがあり、そちらで洗濯。

18時の夕飯までは少し時間があったので、
部屋でゆっくりテレビを見て過ごしていたら、
17時頃、そろそろ準備しようかなって動き出した時、
突然電話が鳴ってビックリ。
‥ホテルの電話ってフロントにかけることはあっても、
かかってくる事はあんまり無いから、
突然鳴るとビックリしますね。

電話はフロントからで、
「ヘルメットが置き忘れてありましたが、
お客様のものでしょうか?」
とのことでした。
確かに、部屋には私のヘルメットが見当たらず、
慌ててフロントまで取りに行きました。

きっと置き忘れなんて直ぐに気が付いただろうに、
シャワー浴びたりゆっくりしていると思って、
夕飯のために動き出す時間を見計らって
連絡をくれたんだと、勝手に良い様に受け取りました。

で、18時。
夕飯の為に一階のレストラン「鈴鹿みやび」へ。

015_20170516231951e32.jpg

夕飯は、黒毛和牛すき焼き御膳。
松坂牛ではなかったものの
松坂に来たのにちゃんとした牛を食べれていなかったので、
これまた大満足。

016_20170516231952dc5.jpg

前日の「伊勢みやび」にて
すき焼きを食べていた人を羨んで、
「きっとあんな感じ」と想像していた訳ですが、
「あんな感じ」も何も、「そのまんま同じ」でした。

ちなみに、チェックインの時に
夕飯のチケットとは別に、うどん無料サービス券もいただいており、
伊勢うどんが食べられるとのことだったが、
そこまでは食べられませんでした。

016-2.jpg

食後は横のコンビニで梅酒を買いこんで、

017_20170516231956b49.jpg

テレビを見ながら翌日に寄れるところをスマホで探したり、
2日分の写真を見たりしながら、早めに就寝。

翌朝。

5時半起き。
6時45分の朝食に合わせて準備して、
再び「鈴鹿みやび」へ。
朝食は、鯛茶漬けと朝から豪華。

018_20170516231957069.jpg

019_2017051623201006c.jpg

ビジネスホテルで食事付きって
今まであまり予約したことなかったけど、
なかなかやるな。

食事は部屋に戻り、自転車に乗る格好に変身。
荷物をまとめてチェックアウト。

020_201705162320121cf.jpg

ホテルを出てからシューズを
ビンディングに履き替えて自転車にまたがると、
筋肉痛とかは無いものの、お尻が痛い。
いつもよりリュックが重いせいか、
ダイレクトにお尻にかかる負担が
大きくなっているんでしょう。

まめこは、手と肩が痛いとのこと。
肩は、完全にリュックですね。
手は交通量の多い道路で
手に力が入っちゃってるんでしょうか。

どちらにせよ、朝イチから交通量の多い
国道23号は危険と判断し、海寄りの県道6号を北上。

021_20170516232013c33.jpg

予想通り交通量は少なく、気持ちよく走れました。

022_20170516232015f61.jpg

3日目は、鈴鹿から半田まで帰ります。
帰ることが目的ですが、
せっかくなので寄れるところは寄ります。
ってことで最初の目的地は、
同じ鈴鹿市内にある、「長太(なご)の大楠」。

前日の夜に調べたところ、
樹齢1000年を越える楠だとか。

北上すること9㎞程。
左手の田んぼの方に明らかに大きな木をみつけて左折。

023_2017051623201685e.jpg


近くに寄ると、かなりの大きさ。
写真ではサイズ感が伝わり難いですが、
自転車や周りの木と比べるとかなりのサイズです。

024_2017051623203210f.jpg

025_20170516232033c45.jpg

伊勢神宮にはもっと大きな木もありましたが、
周りに田んぼしか無いところに
突如巨大な木が一本だけある違和感。
不思議な場所でした。

長太の大楠で散々写真を撮った後は、
再び県道6号に戻り北上。
四日市市へ。

026_20170516232035234.jpg

四日市といえばコンビナートや工場地帯。
次の目的地は、四日市のポートビルにある
「うみてらす14」という展望フロア。
コンビナートや知多半島を見渡せるとのこと。

四日市に入って少し、工場地帯が見えてきました。

027_20170516232036f08.jpg

県道6号から国道1号に入り、
四日市の市街地を走ります。
この辺り、交通量が多くて恐かったですが、
まめこもがんばって付いてきています。

で、ポートビルに到着。

028_201705162320384c1.jpg

029_20170516232054ccf.jpg

自転車を停めて、靴をスニーカーに変えて
展望フロアのある14階までエレベーターで。

入場料1人300円を払い、窓のところへ行くと、
手前には輸送用のコンテナやらが積まれた港が、
海の向こうには知多半島が見えていました。

030_20170516232056e11.jpg

031_20170516232057918.jpg

032_20170516232059282.jpg

このあたり、「劇場版MOZU」の撮影で使われたところだとか。
「MOZU」って見たことないけど、どんなドラマなのか少し興味がわきました。

セントレアを見つけて、
この後あの辺りまで帰るんだって距離に衝撃を受けました。
地図上や、数字上で50㎞とか100㎞とか聞いても
「ロードバイクなら行けるでしょ」
って思うようになってしまっていますが、
実際の景色で見ると、
「あんな遠くまで行けるのか」って不安になってしまいます。

次に名古屋側の窓。
ナガシマスパーランドや、
名古屋駅のタワーズなんかも見えました。
さらに双眼鏡でレゴランドのタワーも見つけることができました。

ふと下の方を見ると、港内の道が真っ直ぐ伸びていている。
まめこと「クリテリウムに良さそうだね」って話していたら、
実際に走っているローディー様を発見。
1人で、トレーニングでしょうか。
私たち愛知県のローディーが
ジャンキーストレートで走るのと同じような練習場なのかなぁ。

033_20170516232100047.jpg

034_20170516232121856.jpg

暫く、双眼鏡でローディー様を追いかけた後、
他の方向も見て回り、
ついでに展示物なんかも見て、
なかなか楽しめました。

休日は夜も入場でき工場の夜景も見えるみたいなので、
今度は車で遊びに行ってみたいですね。

ポートビルを出て再び国道1号へ戻り、
愛知県を目指します。

30分ほど走ると桑名市。

035_201705162321237ff.jpg

そこから15分で揖斐川、長良川をわたります。

036_2017051623212422c.jpg

037_201705162321260ec.jpg

橋の上は歩道を走っていますが、
橋の両端から下の川が見える状況に、
まめこがビビりまくり。
私はこういうのは全然平気。
なんなら高校の時、
「部活の後に橋から川に飛び込んでたなぁ」
って懐かしくすらなる。

そこからさらに15分。今度は木曽川。
木曽川を渡る橋の途中に県境。

038_20170516232127ecd.jpg

で、橋を渡った先には、
愛知県と、弥富市の看板。

039_2017051623214263e.jpg

とうとう愛知県に戻ってきました。

でまた15分で愛西市。

040_20170516232144e3a.jpg

どんどん名古屋に近づいています。
時間は13時。
そろそろお昼ご飯が恋しい時間。

どこか良いところないかなぁって
キョロキョロしながら走っていると、
名古屋に入る数十m手前に洋食屋さん発見。

インスピレーションでココに決定。
「ピオニ」っていうお店。

041_20170516232145c51.jpg

店内はレトロな感じ。
古き良き洋食屋さんな感じ。
洋食屋やさんはこうでなくちゃ。

オムライスに、カニクリームコロッケ、
ドリアなんかもあって迷いましたが、
ハンバーグセットを注文。
スープ、ライス、ハンバーグとデザートのセット。
最近流行りの「肉」を前面に出した
肉汁たっぷりの厚めのハンバーグとは違い、
玉ねぎ多めで、小麦粉まぶして
揚げ焼きするタイプの薄いハンバーグ。
いわゆる、昔からあるタイプのハンバーグ。

042_201705162321473e3.jpg

美味しくいただきました。

お腹が満たされ、気分良く出発です。
とりあえず、数十m先にあった名古屋市への
入り口で写真を撮り、

043_20170516232148c08.jpg

半田を目指します。

名古屋に入ると自転車を通行禁止の道路が
ところどころにあり、階段を歩かされるところがある。
避けて通りたいところだが、名古屋を走ることが久しぶりで
忘れていて結局階段に捕まるはめに。

044_2017051623220478f.jpg

氷室の交差点から国道247号を南下。
今まで東向きに走っていたため問題なかったが、
南向きになった途端、向かい風が酷い。
ここから半田まではほぼ南向きに
進まなくてはいけないわけで、
速度を落として進みます。

疲れと風でまめこが遅れ始め、
遅れることで風除けが機能しなくなり、
ますますまめこが遅れる。
私は私でまめこに合わせて速度を落とすと、
サドルにペダルにかかる体重が減り、
その分お尻にかかる体重が増えるという
もどかしい負のスパイラル。

ゆっくりダンシングをしてみたり、
座るポジションを変えたり、
ちょっとの段差でも避けてみたりと
工夫しながら東海市へ。

045_201705162322068da.jpg

そして阿久比に入り、
新舞子からの帰りに通る道に合流。

046_20170516232207f30.jpg

ここまで帰ってくると、とりあえず一安心。

あとはよく知っている道を走って半田へ入る。
残念なことに、ここまで各市に入る度に撮ってきた
「〇〇市」って書かれた看板。
半田の入り口では見つけられませんでした‥。
最後にして残念。

で、16時40分に帰宅。
走行距離は85.6㎞。

047_20170516232209d06.jpg

3日間のトータルは、260㎞。
ルートはこんな感じ。

IMG_2854.jpg

それにしても、まめこよ。
初日のパンクや渥美半島入った直後の雨風、
鳥羽から伊勢、名古屋から半田でのキツイ向かい風、
結構大変なところもあったけど、
私の3年越しの野望をかなえるために
伊勢湾一周に付き合ってくれてありがとう。
そしてお疲れ様でした。
なんとか2人で完走ということで、
無事に戻ってこれて本当に良かった。
‥で、次はどこを一周しようか??

あ、ちなみに残りのゴールデンウィークの内
ラスト2日は「MOZU」のDVDを全10本分借りてきて、
一気に見てしまった…。

ぐるっと伊勢湾。その2

まめじろうです

続きです。

鳥羽港を出て北西へ。
宿を予約してあるのは伊勢神宮外宮付近なので
伊勢を目指します。

001_20170509214711d70.jpg

鳥羽水族館の横を通り、

002_20170509214712c3b.jpg

少し坂を越えた所でもう伊勢市。

003_20170509214714017.jpg

それにしても、フェリーの上で
「海は風が強いなぁ」と思っていたが、
海の上だけではなく、鳥羽市も伊勢市も強風。
強烈な北西の風。
‥つまり、向かい風。

ここまで以上にゆっくり進み、
あんまり道がわからない中、
伊勢市街の道路案内を信じて進み、
夫婦岩付近へ。

004_20170509214715def.jpg

夫婦岩の近くにあるトンネルを通過。

005_2017050921471716a.jpg

トンネル内は風が弱まる事を期待したが、
弱まるどころか、かなり強くなっていて、
気をぬくとハンドルを持っていかれそう。
トンネル恐い。トンネル恐い‥。

風が弱けりゃ夫婦岩へも、伊勢神宮内宮へも
寄りたいと思ったのだが、
強風で気持ちの余裕は無くなっており通過。

近くで「お伊勢さん菓子博」が開催されている事もあり、
ところどころに警備員さんが立っているのを横目に見ながら、
外宮目指して進みます。
もちろん、お伊勢さん菓子博にも寄りませんよ。

で、17時30分頃に下宮前に到着。

006_20170509214728b02.jpg

1日目のゴールです。

007_2017050921472977c.jpg

17時を過ぎて参道のお店は殆ど閉まっており、
何枚か写真を撮って宿に移動。
走行距離は115㎞。

008_20170509214731379.jpg

まめこ、上りよりも嫌いな向かい風が強い中
よくここまで頑張りました。
とりあえず1日目の目標は全て予定通り達成です。

この日の宿は、伊勢シティホテルです。

駐車場に自転車を停めておき、
靴をスニーカーに履き替えて、
フロントで自転車を何処に停めたら良いか確認。
駐車場の場所を教えてくれましたが、
「ロードバイクなんでロビーで預かってもらったりできないですか」って話したところ、
「あまり広い部屋ではないですが、お部屋なら良いですよ」
って。
コレは有り難い。まさか部屋に入れて良いとは!
私が驚いて「部屋に入れて良いんですか?」
って聞き返したら、それに対して
「お部屋で乗る事は出来ませんよ」
って、ノリノリのボケ(?)まで飛び出す余裕っぷり。
いやー、良いホテルですわ。

で、早速最低限のマナーとしてタイヤの砂を綺麗にはらい、
部屋に運び入れる。

009_20170509214733de6.jpg

こんな感じ。

010_201705092147341c6.jpg

確かに狭い。
出入りするには自転車を動かさないといけない。
しかし、この安心感!!
何物にも変えられません。
有り難や、有り難や。

で、とっととシャワーを浴びて、着替る。
ジャージは洗濯しようとホテルのマップを見たが
コインランドリーが見当たらない。
ロビーでコインランドリーがないか聞いたら、
徒歩3分くらいの所に姉妹店が有るから
そちらのコインランドリーを使って下さいとのこと。
どうせ夕飯を食べるところを探して
ホテルの外に出るのだから、
その時に洗濯も出来るし問題ない。

ってことで、準備して姉妹店であるアネックスホテルへ。
2階のランドリーに洗濯物を突っ込み、
洗濯を開始すると、終了まで40分の表示が。
洗濯が終わる時間から、
あまり遠くには行ってられないので、
そのアネックスホテルの1階にあった
「伊勢みやび」って和食屋さんで夕御飯。

011_2017050921474503b.jpg

お刺身や天ぷら、焼き魚なんかも付いた
「みやび和膳」を頂きました。
満足な美味しさでした。

012_2017050921474623a.jpg

隣の席の方が1人ですき焼きを食べていましたが、
どうやら宿泊プランに付いてくる夕御飯が
すき焼き御膳みたいで、
そっちも羨ましいと思ってしまっていました。
でも、翌日に予約してある鈴鹿の宿は
夕飯付きのプランで、確か夕飯がすき焼きだったはず。
「きっと明日の夕飯はあんな感じなんだろうな」って
勝手に想像してました。

食後はランドリーから洗濯物を回収し、
コンビニで缶チューハイを買い込んでホテルにもどり、
浴室いっぱいに洗濯物を干してから、
乾杯して寝ました。

013_20170509214748e5b.jpg

翌朝。
6時起き。

014_2017050921474976e.jpg

準備して7時にはチェックアウト。

015_20170509214751093.jpg

それにしても、もう一度書きますが、
ありがとう「伊勢シティホテル」!!

016_20170509214805a02.jpg

前日とは違い風は弱くなっている。
天気も良いし、2日目も楽しい旅になりそうだ。

この日は距離短めで、
観光しながら鈴鹿市を目指します。

まずは、前日のゴールである外宮の参道へ。

017_20170509214807840.jpg

朝6時半から営業している伊勢うどんのお店、
「若草堂」へ。

017-2_20170509214808046.jpg

外観から若干入りにくさはあったものの、
入ってみると、昭和感がハンパなく、
なんだかおばあちゃんちに来たような感じ。
現におばあちゃんが1人で接客から料理まで対応している感じ。

018_2017050921481047f.jpg

私とまめこは月見伊勢うどんを注文。

伊勢うどんの柔らかい麺が、
朝には丁度良い感じでおいしい。

019_20170509214811a24.jpg

「一口分くらいのご飯もサービスで付けれますよ」
っておしえてくれたので、
麺を食べ終わった後に私の分だけお願いしたところ、
完全に茶碗一杯分のご飯が‥。
2人で唖然。
いや、これを一口では無理でしょう。

020_20170509214827e7f.jpg

でも、伊勢うどんのタレに
ご飯を突っ込んでたべたらうまかった~。
なんなら、伊勢うどんよりも‥。

さてさて、朝食も済んだところで
下宮前で写真を撮り、

021_201705092148292fe.jpg

先ずは松坂を目指します。
ってことで、スニーカーからビンディングシューズに履き替え。

022_201705092148305b9.jpg

県道37号を走ります。

途中のコンビニにで水と氷を購入し、
ボトルに補充。

023_201705092148326c7.jpg

北西に向かって走る事十数㎞くらい。
松坂市に入り

024_2017050921483361c.jpg

そこからまた数㎞。

025_20170509214852060.jpg

観光がてら松坂城跡に寄り道。

026_201705092148535dc.jpg

027_20170509214855692.jpg

入り口の所で写真を撮り、
靴を替えて上に上がってみます。

自転車と石垣。
流石に石垣、大きいですね。

028_201705092148574e3.jpg

石垣の上は広い公園になっていて、
大きな藤棚が有りました。
満開ではなかったけど、
涼しげで良い香りがしました。

029_20170509214858183.jpg

030_20170509214913a16.jpg

松坂城跡から下り、

031_201705092149158c6.jpg

横にある武家長屋を通過。

032_201705092149161ea.jpg

ここには今でも住んでいる方が
大勢いるようですね。

武家長屋を見た後は松坂商店街へ。
あらかじめ調べておいた
「蜜匠」っていう蜂蜜屋さんへ。

033_20170509214918913.jpg

目的は「はちみつ最中アイス」。
朝から暑い日だったので、アイスが嬉しい。

034_20170509214919085.jpg

お土産も買いたいところだが、
カバンに入れる余裕はないので却下。

お店で商店街のマップを貰い

035_20170509214935313.jpg

たい焼き屋さんとお肉屋さんのコロッケに惹かれる。
まずはコロッケの場所は‥、
蜂蜜屋さんの目の前でした。

松坂牛丸中本店と言うお店。

上コロッケ100円を注文。
その場で揚げてくれるタイプで
熱々のコロッケがいただけました。
サックサクのコロッケの中には大きめのお肉が。
きっとこれは松坂牛だと信じていただきました。

036_20170509214937d2b.jpg

その後、たい焼き屋さんへハシゴ。
商店街食べ歩きツアーです。
‥歩いてないですが。

「わらしべ」って名前のたい焼き屋さん。
どこかで聞いた事がある名前だったので
テレビかなんかで見た有名店だと思って立ち寄ってみた。

037_20170509214938067.jpg

メニューは、「粒あん」「プリン」「あんなし」の3種類。

まめこは「粒あん」、私は「あんなし」を購入。
「あんなし」はあんこ無しで、生地のみ。
店内でいただきます。

常日頃から、
頭の先や尻尾の先にまであんこが入っているって
言うたい焼きに疑問を持っていた私。
たい焼きにしても、あんまんにしても、
生地が好きな私。
たい焼きの生地だけ、あんまんの皮だけ食べたいと思っていたので、これは夢のたい焼き!

038_2017050921494084f.jpg

039_201705092149411da.jpg

040_201705092149545ea.jpg

モッチリとしていて甘過ぎず美味しい。

店内にチラシがあったので、
このたい焼き屋さんが他にどこにあるか調べると、
三重を中心に、愛知県にも。
なんなら、高浜や阿久比にも。
あ、近くだ‥。
いつでも買いに行けるじゃないか。

さてさて、松坂では
アイス最中、コロッケ、たい焼きと
食べ続けたので、少し走ります。
今度は津を目指します。

津には「蜂蜜まん」なるものがあるそうで、
それを食べたいって思っていました。
既にたくさん食べてますが、
まだ食べますよ。

で、津まで17㎞程度。
国道23号を北へ。

041_201705092149555bd.jpg

天気予報では北西の風とのことだったが、
南東から追い横気味で吹いてくれて、
快適に津市までペダルを回し、

042_2017050921495753b.jpg

そのまま市街地まで。

「蜂蜜まん」を売っているお店の近くまで来て、
道の反対側からシャッターが閉まっているのが見えてガッカリ。

043_20170509214958676.jpg

で、今このブログを書いていて、
松坂で寄った蜂蜜屋さんと、津で寄れなかった蜂蜜屋さん。
どっちも水谷蜂蜜って‥。
ひょっとして松坂の蜂蜜屋さんでも‥
‥あまり考えないようにしておきます。

つづく。

ぐるっと伊勢湾。その1

まめじろうです

3年前の9月、私とまめこ、
それからY君の3人で三河湾一周をしました。

確か、伊良湖から羽豆岬を結ぶカーフェリーが
終了になるとかで、慌てて決行した記憶があります。

私にはその頃から野望が生まれていました。
それは‥、三河湾ではなく伊勢湾を一周する事。

しかし、この野望達成には宿泊が伴うため、
事前に宿をおさえておきたいため、
気候、天気、風といった直前まで不確定な要素の影響が大きい事。
自転車に乗るときは、ビンディングシューズだが、
宿に着いてからや観光地で履ける、
軽量でリュックにしまえるコンパクトな靴が必要な事。
など、なかなか準備やタイミングか合わず、
実行出来ませんでしたが、
春先からこのゴールデンウィークに向けて
晴れることを信じて宿をおさえ、
計画を立てていました。

で、前日からリュックに靴、最低限の着替え、
モバイルバッテリー、スマホの充電ケーブル、
ガーミンの充電ケーブル、財布なんかを詰めて準備。
靴は、軽さと踵が硬くない靴を探して
スケッチャーズのスニーカーを準備してました。

当日の朝は5時起き。
6時過ぎには出発です。

001_201705052038393dc.jpg

衣浦大橋を渡って高浜に入り、
そのまま真っ直ぐ道なりに。

002_20170505203841d26.jpg

天気は晴れ。風も弱め。
滑り出しは上々です。

003_201705052038426fc.jpg

上々と言ってもゆっくり走って、
国道247号に出る。
247号を暫く東に進み、西尾市へ。

004_20170505203843cc9.jpg

なかなか順調。

途中で国道247号から県道41号に乗り換えて、
少し走ると平坦地帯を抜けて山岳地帯へ入る。

今回は私だけでなく、
まめこもリュックを背負っている上、
最低限に減らしたとは言えなかなかの重量。
平坦は良いが、上りはダイレクトに辛くなる。

いつもよりゆっくりゆっくり上る。
少し上ったところにあるコンビニに入り、朝食休憩。

005_201705052038452d6.jpg

朝、まめこに用意してもらったおにぎりを食べ、再び上り坂へ。

もう直ぐ、幸田町というところの上り坂で
まめこが重いリュックを背負って上るリズムが掴めて来たらしいのだが、
その直後に、まめこの自転車の後輪がパンク。

丁度、幸田町の入り口付近の歩道にスペースがあったので、
そこに自転車を倒してパンク修理開始。

006_20170505203856fc8.jpg

007_20170505203858a57.jpg

今回、換えチューブは2本。
まめこと私のサドルバッグにそれぞれ1本ずつ‥
ってつもりだったのに、まめこのサドルバッグに
チューブが入っていない!?
入っているもんだと思い込んでいました‥。

って事で、換えチューブは1本のみ。
私のサドルバッグからチューブを出して交換。

つまり、残りの換えチューブはゼロ。
不安いっぱいなので、何処かで補充しなくては!

因みにパンクの原因はコレ。

008_20170505203859d86.jpg

009_20170505203901aae.jpg

金属片がバッチリ刺さっていました。

で、チューブ交換をしている最中から、
私の腹が猛烈に痛くなり、
急いでトイレに行く必要が出て来ました。

って事で、チューブ交換が終わったところで
まめこより先に出発して
一気に坂を下って次のコンビニまでダッシュ!!

下りって事もあり過去最速ではないか??
ってくらい急いでコンビニに到着したものの、
自転車を停めたり鍵を出したりと
もたもたしていたら、
トイレに入る前にまめこが到着。
結局、まめこに見ててもらえるってことで
自転車に鍵はかけずにトイレへ。
トイレ、空いててよかったー!!

010_20170505203902139.jpg

トイレの後、
コンビニで少しゆっくりしてから出発。
また坂を上り、蒲郡市へ。

011_20170505203921220.jpg

蒲郡市街地を抜け、
再び坂を上りラグーナ付近のコンビニへ。
ここではパンとウィダーで補給。

012_2017050520392274c.jpg

013_20170505203924783.jpg

蒲郡市内に2箇所ほど自転車屋さんがあったのだが、
時間がまだ9時台のため開店しておらず、
チューブの補充が出来ていないまま。
うーん、早いとこ補充しないと次のパンクが不安だ。
豊橋に入ったらホームセンターでもいいから
チューブを補充しなきゃ。

で、蒲郡市の海沿いの道を走り、豊川市へ。

014_20170505203925b99.jpg

015_20170505203927cb6.jpg

そして、そのままもう少し走り豊橋へ。

016_2017050520394653c.jpg

豊橋市内を南に向かって走っていると、
ホームセンターを発見。
きっとここなら換えチューブあるだろうと思ったのだが、
25C以上のタイヤ幅用しかなく、
店員さんに聞いても
「ロードバイク用のは置いて無いですね」
って。
とりあえず、ここではパンク修理のパッチを購入。

「まあ、とりあえずこれでなんとかなる」
と思い、ホームセンターを出て数100m、
「サイクルベースあさひ」を発見。

017_20170505203947629.jpg

チューブを2本購入。
これで一安心。

‥って、ホームセンターの店員も
ロードバイクに乗る格好した2人組が、
ヘルメットと大きな荷物を持って
チューブを探しているんだから、
「この先に自転車屋さんがありますよ」
くらい教えて欲しかったものだ‥。

豊橋市内を南下し国道259号に出ると、
その道を西に向かって伊良湖岬を目指します。
‥が、西に向かい始めた途端、強烈な向かい風。
まめこと2人でえっちらほっちら進んで行くのだが、
晴れていたはずの空はいつのまにか雲で覆われ、
北西の空が真っ暗。

018_20170505203949e94.jpg

あ、コレはやばい?って思っていたら
ポツリ、ポツリと雨が降り出し、
慌ててリュックにランドセルカバーを付ける。

019_20170505203950014.jpg

その後も土砂降りになる事はなかったけど、
降ったりやんだりを繰り返していたため、
まめこにスマホで雨雲の動きを調べてもらったところ、
あと1時間位は雨が降る可能性が高そう。
ってことで、雨宿りも兼ねてお昼ご飯を食べる事に。

どこかお昼ご飯を食べれる所を探しながら
田原市に入り、

020_20170505203952bb7.jpg

少し進んだところにモスバーガーがあったので、
そこに決定。
自転車を雨の当たらないところに停めて、
ランチタイム。

020-2_20170505204016b45.jpg

話はそれますが、
最近テレビで、
「カロリーは中心に集まってくるから
穴の空いた食べ物はカロリーの部分をくりぬいちゃってるから
カロリーゼロだ!!」
って聞きました。
その理論で言うと、こちらのオニオンリングも
カロリーゼロですね。

021_20170505204018034.jpg

モスバーガーでは雨雲が去るのを待って
1時間位ゆっくりしました。

まだ空は雲っていましたが、
雨は止み、風も少し弱くなったか?
少し走ると陽が出て来たため、
のどかな田原市の道をのんびり快適に
西に向かって走ります。

022_20170505204019937.jpg

伊良湖岬からはフェリー。
フェリーの最終は17時台なので全然余裕だが、
渡った後のことも考えれば、
できれば15時20分発のフェリーに乗っておきたいところ。

国道259号は三河沿いの道へ。
海沿いの道では何人かのローディー様とすれ違いました。
やっぱりゴールデンウィークってこともあり、
何人かで走っているグループがいっぱいいました。

海沿いの何処かで写真を撮ろうと考えていたのですが、
何処で自転車を停めようかと、
決めかねている間に海辺終了。

またしばらく走り、
気温が上がって暑くなって来たところで、
ジェラード屋さんに到着。

023_20170505204021ab4.jpg

渥美半島一周の時に寄るジェラード屋さんで小休憩。
暑くなったところで、丁度良いデザートです。

024_201705052040227b5.jpg

025_2017050520403952d.jpg

その後は10㎞程度走って

026_20170505204040836.jpg

027_20170505204042e07.jpg

028_20170505204043e53.jpg

伊良湖岬にある道の駅、
「伊良湖クリスタルポルト」に14時50分到着。

029_20170505204045a35.jpg

15時20分に間に合いました。

モスバーガーを出てから風が弱くなったとは言え、
この時間に間に合うかどうかはまめこの走りにかかっていました。
ここまで96.2㎞。

030_201705052040592aa.jpg

とりあえず、お疲れ様。

トイレにも行きたいし、飲み物も買いたいところだが、
とりあえず靴をスニーカーに変えて
フェリーのチケットを買いに切符売り場へ。

031_20170505204101fac.jpg

032_20170505204102dd2.jpg

チケットを買うと、
「もうフェリーが入ってくるし、
2輪車は積める台数が限られているので
急いで乗り場に行って下さい」
って急がされ、トイレも行けないまま
慌ててフェリー乗り場へ。

フェリー乗り場にはまだフェリーは着いておらず、
2台のバイクが待っているだけ。
そこまで慌てる必要も無かったかな。

033_201705052041048af.jpg

数分後、フェリーが到着。

034_20170505204105bf8.jpg

鳥羽から渡ってきた人が降りるのを待ち、
二輪車が乗船。

035_20170505204125512.jpg

乗船すると、係員の方が
自転車をしっかり固定してくれます。

036_20170505204127f93.jpg

しかも、船体と当たる部分にはちゃんと
毛布の様なクッションを挟んでくれる丁寧さ。
有り難いです。

自転車の固定を見届けた所で、客室へ移動。

037_20170505204128fcc.jpg

席を確保して、トイレを済ませ、
リアルゴールドで
とりあえずここまでの走りに対して乾杯。

038_20170505204129098.jpg

出航~!

040_20170505204131193.jpg

伊良湖岬を後にして、鳥羽港を目指して進みます。

乗船時間は約50分。
前半はとりあえず席でゆっくりして、
後半はムダにウロウロ。

甲板に出てみたところ、
飛ばされそうになる程の風!
いやー、海は風が強いね。

042_20170505204149b41.jpg

043_20170505204151129.jpg

041_20170505204148e98.jpg

あまりの風で身体が冷えちゃったんで
最後は客室に戻り、鳥羽港に到着。

044_20170505204152924.jpg

045_201705052041545ee.jpg

フェリーを降りた所で
靴をサイクリングシューズに履き替え
伊勢を目指します。

046_20170505204210e07.jpg

つづく。

プロフィール

まめじろう&まめこ

まめじろう
 自転車歴:13/11/2~
 愛車:
  ●GIOS AMPIO
   ※通称:ピヨまる
   

  ●GIOS FELUCA
   

  ●TREK Madone4.3
   


まめこ
 自転車歴:13/11/2~
 愛車:
  ●Bianchi ROMA2
   

  ●Bianchi MINIVELO 10
    FLAT BAR
   ※通称:ベロちゃん
   

  ●KUOTA KHARMA EVO
   005_20140607201038adc.jpg


自転車の楽しさを教えてくれた子
  ●LOUIS GARNEAU
    LGS-TR LITE E
     総走行距離:558.56km
   

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2ブログランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
4358位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
286位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

自転車 ブログランキング

カウンター

現在の閲覧者数:
Total閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。