0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山!!2017 その2

まめじろうです

続きです。

富士山2日目の朝。

朝から露天風呂に浸かって、
6時過ぎには準備開始。
富士山一周の日です。

富士山一周は、私とマッキー師匠、
P太郎とY君の4人で走り、
まめこはサポートカーとして車でついて回ります。
まめこは残念ですが、
関イベントのリタイヤから2週間。
無理しちゃ行けないから仕方がない‥。

‥となるはずでした。前日の夜までは‥。

朝になり、やっぱり走りたい気持ちと
無理しちゃ行けないって気持ちと
戦いだしたまめこ‥。

諦めてかけていましたが、
私がしっかりサポートする事を約束し、
ちょっと強引ですが、一緒に走る事に。
だって富士山一周自体が、
上り方も、スプロケやホイールの知識もないまま
何年か前に富士山一周に挑戦し、
泣きながら、途中に歩きながらもなんとか回り切った事に対する
リベンジをする事を目的に計画されたもの。
走らせてあげたい。

但し、すでに以前の富士山一周時の出発時間は
とっくに過ぎている。
無理しないように、最悪の場合は
途中からタクシーも視野に入れなくては‥。

ってなわけで、7時。

1_20170620195737900.jpg

5人揃ってパインツリーから出る。

2_20170620195738ce8.jpg

ますはまめこが、先に出発。
少しでも先に行くんだとか。

少し遅れて、Y君。

私とマッキー師匠とP太郎は、
Y君が前夜の罰ゲームを覚えているのか、
覚えていない可能性もあるから
強引に「富士山」って言わせるのではなく、
自然に言うように仕向けるって方向で
示し合わせてから出発。

ちなみに、忘れ物の常習犯のP太郎。
今回の富士山にはサイコンを忘れてくるという
痛恨のミス。
距離もスピードもわからないのは痛いな。

出発してまずはクルクル回してY君とまめこに追いつき、
そこからゆっくり回して、鳴沢村を目指す。

3_20170620195739a9f.jpg

で、鳴沢村へ。

4_20170620195741791.jpg

ここまでは平坦基調だったが、
鳴沢村に入ると少しずつ上りが始まる。

私はまめこと共に、元気な3人から遅れて上る。
前に富士山一周した時には
ガーミンなんて無かったから、
斜度なんてわかっていなかったけど、
普通に幹線道路で10%程度の斜度がでてくるとか
ズルいわ~。

以前は鳴沢村の入り口の坂で呼吸が
上がってしまっていたまめこだったが、
今回は息が上がることなく通過。
体調は万全ではないが
機材、知識、経験、情報の全てが前とは違う。
この先の不安が少し軽くなった気がした。

で、先に行っていたP太郎とY君が停車して待っていてくれたところに追いつくと、
左側に綺麗に富士山が見えるではないか。

5_2017062019574217f.jpg

6_20170620195744882.jpg

ここで、Y君が罰ゲームを覚えていたことに気がつき、
少しガッカリ。
ま、「富士山」と言ってしまうことを気長に待つか。

その直後のコンビニで、朝食タイム。
ついでにリュックに入れる補給食も多めに購入。
以前は補給が上手くできず、
ハンガーノックになりかけたので、
富士山一周は「買えるときにしっかり買う」が大事。

7_201706201957453b7.jpg

8_20170620195747db4.jpg

コンビニを出て、次は道の駅鳴沢を目指します。

私とまめこは、またまた後方でマイペース。
「前半に無理しない」。
これも大事。
マッキー師匠もこちらのスピードに付き合ってくれて
ゆっくり進みます。

そのスピードを見て、
少し余裕があると感じたのか、
P太郎とY君が、
「熔岩樹形ってところ寄っていきます」って
看板を指差す。

道の駅鳴沢で合流する事にして、
私とまめことマッキー師匠は、道の駅を目指す。
道の駅までまだまだかと思っていたが、
案外すぐでした。

9_20170620195748452.jpg

道の駅からも富士山が綺麗に見える。
少し写真撮ったりしてたら
P太郎とY君も合流。
熔岩樹形ってところもすぐ近くだったみたい。

10_20170620195750ff2.jpg

道の駅でトイレ休憩などしている間に、
まめこが先に出発。
やっぱり以前より出発が遅いことが
気がかりな様子。

少し間をあけてから、
4人で道の駅を出る。
少し間をあけすぎたか、
結構広い道なのに、まめこは見えるところにいない。

道の駅を出て132号線を少し走ると、
71号線へ左折。
直後にまた10%程度の上りがあり、
その先にまめこ発見。

自転車を停めて馬の写真撮っていました。

11_20170620195751e75.jpg

以前ハンバーガーをいただいた、
乗馬ができるところ。
「あの時のおじさんいるかな?」
っておもったが、そう運良くは会えませんね‥。

ここを過ぎると、71号線は樹海を通り抜ける。

12_20170620195753a2e.jpg

暫くの間は短めの軽い上りが続くが、
木が茂っていて涼しいし、
周りの景色を見たり、動物を探したりと、
気持ちよく走れる。

13_2017062019575488b.jpg

私とまめこはは、何も動物を見つけられ無かったが、
みんなは鹿を見つけたり、
マッキー師匠はリスも見つけたり、
なんだか楽しそう。

14_20170620195756ac2.jpg

それにしても坂の連続を走っていると
上っているのか、下っているのか、
よく分からなくなってくる。

15_20170620195757ddd.jpg

前と違って、ガーミンで斜度を見ながら
調整して走れるのは本当にありがたい。

ゆっくり走っていたので、
私とまめこは少し遅れていたが、
少し樹海が開けて本栖湖が見渡せる駐車場へ。

16_20170620195759fd3.jpg

17_2017062019580015c.jpg

高いところにいるんだと実感できる。

21_20170620195802d7e.jpg

23_201706201958034f2.jpg

そこからは、「これでもか!」ってくらい
下りの連続。

24_2017062019580506e.jpg

斜度がそんなにあるわけじゃないが、
基本的に真っ直ぐで、幅が広い道。
グングンスピードが出てしまいます。

ってか、樹海の樹々が生い茂っているせいで
基本的に日影なので涼しいを通り越して寒い。
指先が痛いくらい。
で、ところどころ現れる日向が暖かい。

そんな感じで下って行くと、
徐々に樹海が開けて、牧場地帯に突入。

ふと左を見ると、富士山がバッチリみえるではないか!
慌ててみんなで停車して、写真撮影会。

25_20170620195847f5c.jpg

いやー、本当にバッチリですわ!
って、きっとY君も綺麗な富士山に感動したのだろう。
みんな忘れていたのに、
P太郎が「あ、言った!」って。
どうやら「富士山」と言ってしまったようで、
罰ゲームのしっぺ!

26_20170620195848fc4.jpg

こんな綺麗な富士山見て、「富士山」って言えないって
なかなか残酷な罰ゲームだ…。

28_20170620195850c53.jpg

29_20170620195851b24.jpg

さらに少し下って、あっという間に静岡との県境。

31_20170620195853335.jpg

朝霧高原にあるミルクランドで休憩。

32_2017062019585476d.jpg

下りであんなに寒かったのに、
ソフトクリームを食べる我々。(P太郎を除く)

33_201706201958565f7.jpg

34_201706201958577cf.jpg

35_201706201958595fd.jpg

そこからまた、かなりの距離を下り、
71号線から72号線に左折。

36_20170620195900a43.jpg

まだまだ下基調でキャンプ場地帯を通り、
P太郎がトイレ休憩。
それを待つマッキー師匠とY君を追い越し、
私とまめこが先行。

標高がかなり低くなってきたので暑くなってくる。
つまり、下り切ってしまったということ。
長ーい長ーい上りが始まります。

上りが始まって少しすると、469号線。
駿河湾が見渡せる場所に到着。

37_20170620195902eb6.jpg

ここで、マッキー師匠たちに追いつかれました。

38.jpg

で、みんなで写真を撮ったあと、
「こどもの国」で合流ということにして
先にいってもらい、
わたしとまめこはゆっくり上ります。

40.jpg

マッキー師匠たちは速く、
あっという間に見えなくなりましたが、
気にしちゃダメですね。

完走が目的の場合、自分のペースで
確実に上ることが大事。
私の場合は、まめこのペースに完全に合わせて上る。
前を見て走るとゆっくりに感じるが、
そんな時は直ぐ下を見て走る。
確か、前回の富士山一周の時に発見した極意。
どんなにゆっくりでも、確実に進んでいることが実感できる。

ただ、この道は交通量の割に無駄に道が広く、
木陰が出来ずかなり暑い。

41.jpg

そして自販機等の休憩できる場所も殆どなく、
ただ黙々と上るしかない‥。

42_20170620195908cdb.jpg

まめこを見ると、暑さでかなりバテてきているようで、
無理しないようにまめこのタイミングで
休憩を挟みながら上る。
でも、前はかなり歩いてしまっていたのに、
今回は休みながらも進む時は自転車に乗り、
絶対に歩かないっていう意思が感じられる。
偉いぞ、まめこ。

唯一あった自販機でスポーツ飲料を買い、
長い長い坂を少しずつ、確実に上り、
かなり時間はかかったけど「こどもの国」へ。

43_20170620195909ed3.jpg

44_20170620195911b28.jpg

1番最初に着いたマッキー師匠には
かなり待たせてしまいましたが、
まめこも歩く事なく、無事こどもの国で
みんなと合流。

つづく。

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

こんばんは(^O^)
樹海、下りは寒いは、こどもの国までの上りは暑くて汗だくになるわで気温差が大変でしたね!
おまけに斜度はきつくないけどだらだら続く上りはペース配分に悩みました。゚(゚´Д`゚)゚。
しかしまめこさんも暑くてしんどい中よく上がりきりましたね(^_^)v
なかなかしんどかったけど今度はしっかり走り込んで
また上りたくなったなぁ(≧∀≦)

コンバンワー^_^

朝から温泉って最高っすね!
私ならそっから自転車に乗れませんよ
(//∇//)

罰ゲームのシッペ
凄く痛そう(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
骨細の私が受けてたら
ポキ泉君になってたことでしょう( ;∀;)

マッキー師匠さんへ

コメントありがとうございますヽ(^o^)丿
いや~、つらいつらい上りでした。
もっと涼しい季節に走りたいと思うのですが、
そうしたら下りは凍ってしまいますね((+_+))
一体いつ走るのがベストなんでしょ\(゜ロ\)??

ミツカンさんへ

コメントありがとうございますヽ(^o^)丿
朝から温泉!よかったですよ。
実際、一日目の夜にパインツリーが楽しすぎて、
もうこのまま、宿でうだうだでもいいんじゃないかって思っていました(*^_^*)
結局走りましたけど!!
え~っと・・・、ミツカンさんがしっぺする側に混じっていたらと思うと・・・、
・・・(・o・)!!

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

まめじろう&まめこ

まめじろう
 自転車歴:13/11/2~
 愛車:
  ●GIOS AMPIO
   ※通称:ピヨまる
   

  ●GIOS FELUCA
   

  ●TREK Madone4.3
   


まめこ
 自転車歴:13/11/2~
 愛車:
  ●Bianchi ROMA2
   

  ●Bianchi MINIVELO 10
    FLAT BAR
   ※通称:ベロちゃん
   

  ●KUOTA KHARMA EVO
   005_20140607201038adc.jpg


自転車の楽しさを教えてくれた子
  ●LOUIS GARNEAU
    LGS-TR LITE E
     総走行距離:558.56km
   

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2ブログランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
271位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

自転車 ブログランキング

カウンター

現在の閲覧者数:
Total閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。