FC2ブログ
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

category :坂

暑さに負けず、坂連。

まめじろうです

7/25の土曜日、またまた坂連に行ってきました。

私と、まめこと、P太郎で、
朝早くから蔵王山へ~。

朝、6:00に集合して、8:00頃に蔵王山山頂に到着。

001_20150803225929a7a.jpg

今回は蔵王山の上の駐車場に車を停めて、
高い所からスタートです!!
って、朝なのに、暑い…。


とりあえず駐車場をクルクル回って、ウォーミングアップ。
暑いのに、ウォーミングアップ…。

002_20150803225930d41.jpg

で、蔵王山を下り、坂連スタート!!

003_20150803225932a79.jpg

まずは、まめこを先に行かせ
見えなくなってから、私とP太郎がスタート。

それにしても、朝から暑い…。

すぐに追いつこうと思ったのだが、
なかなかまめこに追いつかない。

「大丈夫?まめこ、オーバーペースなんじゃない?」
ってP太郎と話していたら、先の方のカーブミラーにチラッとまめこが写る。

どう考えても早い。
ホイールが変わったからか??

とりあえず頑張って追いつき、
3人で山頂へ。

暑さでぐったりです。
時間は測れていませんでしたが、
写真の時間から推測すると20分切ったくらいかな??

で、少し休んでもう一回~。
って、まめこは暑さでダウンして、
「今日はもういい」とのことだったので、
私とP太郎だけで再び蔵王山を下り、2本目スタート。


P太郎と、暑いからゆっくり行こうと決めて、
会話しながら上る。
「まめこ、きっと今日はもういいとか言いながら、
 30分くらいたつと、また走るよ。きっと。」
とか話していると、
80%くらい上ったところで、前からまめこが!!
予想通り~!!

004_2015080322593314c.jpg

そのまますれ違い、とりあえず私とP太郎は山頂へ。

で、すぐさま折り返し下る。
また途中で今度は上りのまめことすれ違う。

P太郎と、「絶対追いついてやろう!」って下りきったら
そのまま折り返して3本目。

2本目より速いペースで上るも全く追いつかず、山頂へ。
まめこもなかなかのスピードで上るではないか…。

お昼が近づき、どんどん上る気温。

もうやめようか迷ったけど、
もう一本だけ~。

3人そろって蔵王山を下り、
一息ついてからゆっくりゆっくり上る。

てなわけで、あまりの暑さに4本でギブアップ。
計画時にはP太郎に、「今回は8本だ~!」なんて言って
脅していたはずなのに、もう無理でした。
距離としては23.2㎞。

005_201508032259353ab.jpg

005-1.jpg

あ、まめこは3本なので少し短めの19.24km。

006_20150803230006a44.jpg

丁度お昼時だったので。
帰りに見つけたインドカレー屋さんでランチ。

007_20150803230007639.jpg

この季節に、冷房無し。送風機のみなんて…そんなのアリ?!
蔵王山より暑いのでは??

蔵王山での坂連。

まめじろうです

昨日は広域農道で思うような走りが出来なかった私…。
天候不良とかでまともに自転車に乗れていない約1ヵ月の間に
筋力が落ちてしまったみたい。

ってことで、「特訓じゃ~!!坂連じゃ~!!」(←…誰?)

ってことで、朝7:00に自転車を車に積み込んで、
一路、渥美半島へ。
我が家の坂連と言えば、蔵王山しかありません。

田原市へ入ってすぐのローソンで、
飲み物を買い込み自転車を準備。

本日、まめこは休息日。
蔵王山の上へ車で移動し、待っていてくれるとのことなので、
自分のペースで走ります。
実は私、蔵王山を自分のペースで上るのは初めてだったります。
ちょっとドキドキ。

001_20150712215127913.jpg

まずはローソンから蔵王山の入り口を目指します。

002_20150712215129639.jpg

橋を渡って、交差点を曲がって…、

003_20150712215129dcb.jpg

って、何故この角度からの写真があるかと言うと、
まめこが道を間違えて一旦交差点を通過したからです…。

そこから少し走ったところにセブンイレブンがあり、
通過~と思って駐車場に近づいたところ、我が家の車が。
まめこが車から降りて、何やら他のローディー様の団体と話している。

「何事?」と思い近づくと、知った顔が!!
k.aさんでした。
このブログにコメントをいただいたことで知り合い、
家が近所で、一度一緒に走ったことがある方。
近所ですが、知多半島ではバッタリ出会ったことはありません。
それなのに、まさか渥美半島で!なんて偶然。
k.aさんはお仲間さんと自宅発、渥美半島一周の途中だったみたいです。
気合入ったプラン(距離)ですね!!

記念に一枚写真を撮らせていただき、

004_20150712215131b7d.jpg

お互いの安全を祈って出発。

005_20150712215132002.jpg

思わぬサプライズがありましたが、
予定通り蔵王山の入口へ。

006_20150712215143f64.jpg

で、まめこに見送られてスタート。

007_20150712215145eab.jpg

「見送られ…」とはいってもすぐに追い抜かれるわけですが…。

いつもはまめこと一緒に、まめこのペースで上っている坂。
今日は自分のペースで上れる。

…あれ?
…自分のペースって何だ?

とりあえず、一番軽いギアでケイデンスを上げてクルクル回してみる。
おお、思ったより回るではないか。
前日見たツールドフランスのフルームの上りをイメージして…。
クルクルクルクル…。
とはいってもスピードは11~13km/hくらい。

半分くらいまで上ったところで、
死にそうでした。

心拍は200を越えており、
「あれ?これやばいんじゃない」って思い慌ててペースダウン。
何にも考えずにただただペダルを回せるだけ回して上ってきたので
呼吸も短くなっており、
まめこに散々言ってきた「大きく呼吸する」とか「サドルの前の方に座る」とか、
完全に飛んでいました。

慌てて修正したものの、一旦上がってしまった心拍はなかなか下がらず、
ただただ苦しいまま、なんとか乗り切り、山頂へ。

009_201507122151474aa.jpg

ノックダウン…。

010_20150712215149e89.jpg

かかった時間は15分。
前にまめこと上った時は23分だったので、
そこそこの速さ、なのかな???
ただ、疲れすぎ…。
全然呼吸が整わない。

曇ってはいるもののかなり蒸し暑く、
一旦エアコンの効いた車の中に避難…。

あまりの疲れに「もう今日は全力で走れたからいいや、帰ろう!」
って思ってしまいましたが、
30分休んだら「もう一本行くか~」って気になってくるから不思議。
「努力なくして成長なし」と自分に言い聞かせ、下山。

011_20150712215201d39.jpg

下山は、前回とは違い上った道をそのまま引き返す。
エグザリットのブレーキをピュルル~と鳴らしながら下って行き、
同じルートなのに上りと違ってあっという間にスタート地点へ。

下に着いたことをまめこに電話で伝え、
2回目スタート。

2回目は監督(まめこ)から
「もう少し頭を使って、前半はもっとゆっくり上ったら」
という厳しいお言葉をいただいたので、7~9km/hくらいでゆっくり上る。

さすがに結構余裕有り。
トカゲが横切って行くのや、時々見える風景を見たり、
自分の心拍、斜度、速度何かを気にしながら上り、
駐車場が見えてきたところでスパート。

012_201507122152038e1.jpg

時間は18分。
さっきより3分もかかっているのに、道のりが短く感じた。
ゆっくり上りながら色々試すことが出来た。
そこでわかったことが2つ。
大きく吐くと心拍を少し下げられる(気がする)。
本当かどうかわかりませんが、そんな気がするのです。
それから、ここんとこのブログで散々「硬い」と書いてきたMAVIC KSYRIUM SLE。
硬いは硬いのですが、ホイールが悪いんじゃなく、私の乗り方が悪かったのです。
「踏むと硬さを感じる」って思っている時点で間違っていたのです。
ペダルは「踏む」んじゃなくて「回す」もの。
ちゃんと引き足を意識したら、「硬さ」なんて全く気にならず、
回した分だけ、いやそれ以上に進む(気がする)。
どっちも基本ですが、
私にとっては、なかなか大きな収穫。

とりあえず一旦車へ避難するも、
で、監督から「体が動くようになってきたから次は+1km/h」との指示があり、
すぐにピュルル~っと(←エグザリットの音)下山。

で、3本目。
今度は9~10km/hくらいを意識して上る。
が、途中で失速。
ちょいと脚に来ています。
ってことでペースを落としゴール。
かかった時間は17分。
2本目より少しだけ早くなりましたが、
また心拍も上がりきっていたので、車へ。

車内で「今日はこれで終了」と宣言したものの、
少ししたら「やっぱりもう一本」。

今度は監督からの指示はなく、
ピュルル~っと下ってゆっくり上り、
20分かけてゴール。

013_20150712215204bdf.jpg

ってなわけで、前回同様に蔵王山を4回上り
今度こそ本当に終了。
山頂で自転車を積み込み、

014_201507122152065bb.jpg

車で南口から下山。
ちょうどお昼時だったので、天丼を食べて帰りました。

015_20150712215207307.jpg

走行距離は28km。
短いけれど充実した28kmでした。

IMG_3852.jpg

IMG_3853.jpg

それにしても、私の自己ベストは15分。
まめこの自己ベストは22分。
あの日のまめこは、自己ベストに近いタイムで4回上り続けたわけで、
私には到底自己ベストの15分で4回上れる気がしない…。
改めて、まめこの頑張りを思い知らされました…。


矢作ダムからの旭高原元気村。その2

まめじろうです

つづきです。

トイレの壁の絵に対する議論で、結構ゆっくりお昼休憩をとってしまいましたが、
それでもまだ12:00を少し過ぎたところ。

「この後どうしようか?」って議論になり、
ダム湖を一周するか、それとも…?

とりあえずダム湖一周はやめ、
矢作ダムを岐阜県側から下っていく。

022-1_20150623222156f3d.jpg

022-2.jpg

024_20150623222158134.jpg

山から少し下り、
矢作第二ダムを過ぎた辺りで

025_201506232221595d9.jpg

左折して川を渡る。
川を渡ったところで右に曲がると帰り道だが、
あえて左へ。

さっきも通ったルート…。
そしてさっきも曲がった旭高原元気村への入り口へ。

なんだかんだ言って皆行きたそうだったので、
旭高原元気村を目指してみることに。

入口の看板には4.3kmと書かれていました。
恐らく激坂だろうけど、4.3㎞なら…ってとで、
無謀にも突入。

026_20150623222201b6c.jpg

P太郎は坂をものともせずどんどん先へ進みます。
あっという間に姿は見えず…。
彼の登坂能力はどうなっているのだろう。
本当にTANTANで目覚めてしまったのかもしれない…。

私はまめこといつもの調子でゆっくりゆっくり。
っていうか、この日の私はやっぱり不調??
「まめこに合わせている」というテイでゆっくり走ってはいるものの
実はこれ以上速く走れる気がしない…。
ま、のんびり行きましょう。

で、サイクルメーター上1km進んだだろうかって時に
見えてくる案内看板…。
残り4km!

え??300mしか進んでいない??そんな馬鹿な!!
それとも、スタートの4.3kmがサバ読み過ぎ?!

段々不安になるまめこ。
斜度もなかなかなもんで、
GARMINさんは12%とか15%とか、…17%とか言っています。
多度山以上??!
(後からルートラボで確認したところ、
 瞬間最大20%越え?!のところも…。)
こりゃ大変な坂に踏み込んでしまったかもしれない…。

そんなこと考えている間に、残り3km。

027_20150623222242b22.jpg

まめこ、止まりそう。足を着いちゃいそう・・・
後ろから「頑張れ、もう少し!」とか声をかけながら、
進むも、かなり苦しそう。
それでも、負けじとペダルを回すまめこ。
きっと、「女性が行くところじゃない」って言っていた、
ニコー製作所の店員さんの言葉が力になっていたのかな…。

で、残り2kmを過ぎたところでポケットのスマホが鳴る。
きっとP太郎が頂上に着いたんだなって思いつつ、そのまま進む。

後半、少し斜度が小さくなる。
これも後から調べたところ、平均7%くらいだろうか?
それでも前半の平均11%(瞬間最大20%越え?!)に比べると、
脚が回る回る!!

まめこも、回せているようで一安心。

残り1kmを切り、もうひと踏ん張りって思っていると
前方からP太郎が下って来てくれました。
マッキー師匠2世の誕生です。
…あ、言いすぎか…。

そのままP太郎と共に上り、少年自然の家の前へ。
丁度、キャンプに来ていた小学生が帰るタイミングだったのか
私たちのすぐ前に、大型のバスが4台程出てきて、
バスの中から小学生が手を振っていました。
まめこ、これで結構癒された様です。

そこから少し進み右手に高原が広がり、
牛が見える。

写真をとりたい気持ちを抑えて、
止まることなくそのまま進み、
炭焼き小屋みたいなところの前で、
知らないおじさんに、「あと少しだよ!」って声をかけられ、
この↓看板の所へ。

028_20150623222244baa.jpg

「おつかれさま」って書いてあるけど、まだ続く坂道…。
まだ足着いてたまるかって進むと、「げんき館」って所へ。
もう先に上れそうなところは見えなかったので、
ここがゴールだろうってことで、旭高原元気村ヒルクライム達成!

028-2.jpg

P太郎は余裕だったみたい。
先週のY君といい、P太郎といい、みんな坂強いなぁ。
私は…、腰が痛い…。
もっと頑張らなきゃ。

まめこは、本当にギリッギリだったみたいだが、、
それでも文句なしに達成!!おめでとう!!!

とりあえず、ソフトクリームで乾杯。

029_20150623222247d15.jpg

高原のソフトクリームって期待したけど、
サークルKのソフトクリームみたいな感じで少しショック。
ボリュームだけはしっかり!!

ソフトクリーム食べといてなんですが、
すっきりしたものが欲しくて、ラムネもいただきました。

030_20150623222248d24.jpg

で、帰り道。
途中で自転車を停めて、

031_20150623222309537.jpg

上りでは撮れなかった
念願の牛との撮影会。

032_20150623222310642.jpg

032-2.jpg

その後はスイ~っと下って、
矢作第二ダムへ。

さらにそこから矢作川を右手に見ながら
下り基調でスイ~っと。

033_20150623222313b06.jpg

走りながら膝が痛いと訴えるまめこ。
少しゆっくり目のペースで進みながら、
途中で一回写真撮影と称した1~2分の休憩を挟んだら、
70kmくらい走ったところでようやくエンジンがかかったようです…。
本当に、よくわからんわ…って言いたいところだけど、
私も似たようなタイミングで本調子に。
スタートから付きまとっていた脚の重さがなくなった気がする。
ってことで一気に加速。

で、途中再び旧広瀬駅に寄ってトイレ休憩し、

034_2015062322231585f.jpg

035_20150623222335078.jpg

そのままの勢いで水源公園へゴール。

036_20150623222337dfe.jpg

037_20150623222340a6e.jpg

走行距離は 95.7km。
獲得標高は 1,133m。

038_201506232223413a3.jpg

IMG_3707.jpg

ルートはこんな感じ。

039_20150623222341571.jpg

矢作ダムでまめこの成長を確信(まめこ自身も実感)
できただけでなく、
いずれは行きたいと思っていた旭高原元気村達成。
予定外に突然行ってしまったが、上り切れて良かった~。
でも今度はもっと楽に上りたいなぁ…。

そしてP太郎の坂に対する成長っぷり。
ポテンシャルの違いを見せつけられました。
それはともかく、早くビンディングデビューしなさい!

矢作ダムからの旭高原元気村。その1

まめじろうです

土曜日。
今週も朝から車に自転車を積み込んで出発。

走ること1時間。
トヨタ自動車本社前を通って、

001_20150622221856aef.jpg

水源公園へ。
8:30に水源公園駐車場にてP太郎(P君)と合流。

002_20150622221857de2.jpg

今回はここから矢作ダムを目指します。
以前のように自宅発でもいいのだけれど、
安城豊田のサイクリングロードって走りにくいというか
時間がもったいないというか…ってことで、
今回は水源公園発。

思えば、今年の正月休み最終日に
P太郎と2人でこの横を通って越戸ダムへ行ったのが最初。
そこからまめこと2人で、矢作ダムを目指して通いつめて、
我が家での通称「ダムでも行くかシリーズ」を完結させたのが2月初旬。
あれから約半年、
再び矢作ダムを目指します。

あの時から変わったこと。
・まめこのスプロケが25Tから28Tへ
・意外と坂に慣れてきた

あの時は、矢作ダムへ行く途中の坂で
足着きをしてしまったまめこも、
今なら全然行けるでしょってことで、意気揚々と出発。

003_20150622221858b42.jpg

市街地を抜け、越戸ダム手前の坂。
前ほど負荷を感じない。

004_2015062222190053e.jpg

で、とりあえず越戸ダム付近のミニストップへ寄り道~。

005_20150622221901c07.jpg

過去の流れでなんとなく寄ったものの、
店内に入ることもなく、少しおしゃべりして再出発。

006_201506222219200d4.jpg

ここから先はP太郎は初めての道。
景色のいい所で写真をとりながら進む。

007_20150622221919a6d.jpg

私のお気に入りスポット、旧広瀬駅にも寄り道。

008_20150622221921be6.jpg

前に寄ったのは冬だったので、少し寂しい雰囲気だったけど、
新緑が生い茂る季節は明るい感じで、これまたいいですね。

009_20150622221922b01.jpg

阿摺ダムを通過、

010_20150622221924cb1.jpg

百月ダムも通過~。

『全国「水の郷」百選の町』って看板の所でトイレ休憩。

011_201506222219539c8.jpg

この後も矢作川沿いを走り、

012_20150622221954d08.jpg

小渡(おど)のサークルK、通称「小渡K」へ。
到着した時には先客のローディー様が1名。
この先にはコンビニも何にもないので、
水や氷、おにぎりやら、アイスやらを買い込んで外に出ると、
どんどん増えるローディー様方。
「今日は何かのイベントですか?」っていう感じ。
少しゆっくりしていたら最大8名にまで増えてました。

013_201506222219550bc.jpg

小渡Kを出て、とうとう本格的?な上りがスタート。

014_20150622221957c60.jpg

015_20150622221959056.jpg

うきうき気分でクルクルペダルを回して、どんどん進んでいくP太郎。
後から聞いたところによると、TANTANで坂の楽しさに目覚めたとのこと。
所々でダンシングを使いながら、軽々上っていきます。
「ダウジングまでしちゃいました~」
って後から笑顔で言っていたけど、ダンシングだから…。

一方まめこは慎重派。
無理せず、ゆっくりいつものように進みます。
私はまめこの近くでフォロー。
この日は少し脚が重く感じていたので、
P太郎に張り合うこともなくゆっくりじっくり。

第2矢作ダムを過ぎたところで、
P太郎が写真撮影したりして待っていてくれたので合流。

冗談でその先の右手側にある、
「旭高原元気村」っていう看板横の道を上るフリをしたら、
それにつられて上り始めるP太郎。
…と、なぜかまめこも上り始めたではないか。

旭高原元気村は、以前名古屋北区の自転車屋さん、
ニコー製作所の店員さんに「女性の上るところじゃない」って言われたところ。
「おいおい、大丈夫か?」って思いながら私も坂へ。

少しだけ進んだところで、
「いや、今日はダムが目的だから」って引き返しを促す。
P太郎も、「そうですね、もっと天気のいい時に上りましょう」
って賛成してくれたので道を戻り、再び矢作ダムを目指す。

016_20150622222107976.jpg

と、気がつくと矢作ダム。
まめこが言うには、
「前来た時にはもっと坂だった気がする」
とのこと。
坂は半年前と変わっていないよ~。
むしろ私は、前より疲れた気がする…。


とりあえず、ダムカードをゲット。

017_20150622222107640.jpg

って、矢作ダムのダムカードばっかり
我が家には4枚になったわけですが…。

ダムの上で写真撮影。

018_201506222221103c9.jpg

…妙にテンションの高いP太郎…。
矢作ダムの上、今回は工事中じゃなかったので渡ることが出来ました。

019_20150622222110891.jpg

で、反対側でお昼休憩。

020_20150622222112e3e.jpg

ふと視界に入った公衆トイレの壁に描かれた絵。
そこに描かれている物は何なのかで結構な時間
議論していました。
…その議論に、見ず知らずのローディー様も巻き込んでしまいました。

問題の壁の絵↓。

021_201506222221574ed.jpg

左から豚、トマト、…ん?誰??
結局答えは出ませんでしたが、
カボチャ?干し柿?栗きんとん??の辺りだろうってことに。
P太郎は一貫してう○こ推しでした。
ちなみに私は「コバエがホイホイ」かと…。
知っている方、情報提供をお願いします。。。

つづく。

決戦!多度山。

まめじろうです

先週末のTANTANロングライド、
その練習も兼ねた先々週末のせきサイクルツーリング、
そのまた練習の蔵王山。

ハードな3週間を終え、
この週末はどうしようかずっと決めかねていましたが、
金曜日の夜になって急遽、多度山へ行くことに決定。

ってなわけで、土曜日の朝。
前日の夜にこれまた急遽アポをとっておいたY君の家まで車で迎えに行き、
私とまめこ、Y君、私の自転車と、Y君の自転車をを乗せて多度山へ。

今までプリウスαに「大人2人と自転車3台」って乗せ方はしたことあったけど、
「大人3人と自転車2台」ってのは新たな試み。
意外と乗るもんですね…。

そんなわけで多度山到着。

いつものように少し上った所にある駐車場にて準備。

001_20150615215647ec1.jpg

で、私とY君は一旦下りウォームアップの5km。
まめこは、徒歩で山頂を目指します。

002_20150615215648c28.jpg

Y君は初多度山。
とりあえず多度大社の大鳥居の所でパチリ。

003_20150615215649d4c.jpg

何かわからないけど、山を上ることを不安に思っているようですが、
私はY君に限ってそんな不安は全く不要だと思っていました。
トライアスロン経験者。たった4km程の山道に何を恐れることがある?
…とは言ったものの、「Y君にはサクッと上ってほしい」と思う天使の私と、
自分が最初に上った時のことを思い出し「途中で足を着くことに期待」している
悪魔の私がいるのも事実…。

で、5kmのアップを終え多度山の入口。

004_20150615215651db1.jpg

まめこに連絡すると、いつもよりハイペースで上っているようで、
もうすぐ山頂とのこと。
わかりやすい成長っぷりですね。

私も前回の31分を切りたいとは思うものの、
なんだかトラウマ気味の多度山。
自信なし…。

Y君と一緒にスタートしてしばらくは、私が前。
駐車場を越える辺りまでは会話をする余裕もあるが、
あっという間にそんな余裕はなくなる。
Y君に「お先どうぞ」って前を譲る。
思えば、多度山はいつも1人で走っていたから他の人の上り方って見たことなかったな。

こーんなつづら折りや、

005_20150615215653075.jpg

こーんなつづら折りを越えるとき、

006_20150615215711b5d.jpg

Y君時々ダンシング。
以前ダンシングで疲れてしまった苦い経験から、
悪魔の方の私が期待に胸を膨らませる。

案の定、中盤スピードの落ちたY君。
私が再び前へ。

私はひたすらシッティングで上る。
今回は中盤まで一切ジグザグ走行なし。
タイムもいつもより期待できる??

っとか思っていたら、後半足が止まってきた。
後ろにY君いなかったら足着きしちゃいそう…。
無駄に「あ~!」とか叫びながらなんとか我慢。


が、Y君が再び私の前へ。
一時的には2mくらい差があったのに~…。

必死でくらいつきながらも心臓が張り裂けそう。
後半で一時的に平坦になる部分で、
回復に努めるが回復せず。
一方、Y君はバッチリ回復!?
再びの坂で私は限界ギリギリ。

007_20150615215712f88.jpg

008_20150615215714b8d.jpg

そのままゴール。
上で待っていてくれたまめこが言うには、時間的には20秒くらいの差とのこと。
が、最後のつづらを曲がった時に一気に離された感じかな。
それまでは結構近くにいたのに、最後のつづらで見えなくなっていまった…。
悔し~~~!
…って思う前に、私は限界…。

009_2015061521571575c.jpg

情けないことに、しばらく立てませんでした。

Y君も疲れていたみたいだけど、
倒れこむことはなく、「さすが」としか言いようがありません。

時間は私もY君も28分。
前回よりは速くなっていてよかった。

それにしても、やっぱり人と走るのっていい刺激になりますね。
走り方もそうですが、気持ち的にも。
少し落ち着いてから「悔しい」って気持ちがふつふつと湧いてきたので、
まだまだ頑張りますよ!!

その後、Y君と話しを聞いていると、
平坦部分での回復時間で差が出た気がしました。

つまり、心拍ってことなのか?
心肺機能を鍛えるメニューを考えなくちゃ。


その後、多度山の三角点のあるところに移動し休憩していると、
もう1人、ローディー様が上っていらっしゃいました。

「どちらから?」って声をかけてくださったので、
お話していると「気まぐれ銀輪好き(^o^)/」
っていうブログのブロガーさんでした。

もちろん知っていますとも。
せきサイクルツーリングの翌日、
だれかブログに書いている人いないかな~って探して最初に見つけたブログ。
イベント中にも「クロモリのDE ROSA、かっこいいな~」
って思ってスタート前に見とれてた記憶があります。

こんな山のてっぺんで会えるなんてなんか不思議。
この日は自宅から40㎞?50㎞?走って来て多度山に上られたようで、
パワフルですね。

記念に写真撮影させていただきました。

010_20150615215717ebf.jpg

またどこかでお会いできるといいですね。

その後まめことY君と3人でおやつタイムを済ませ、

011_20150615215728d96.jpg

下山。

毎度毎度、同じ表現でボキャブラリーの乏しい自分が悲しくなりますが、
下りは怖い…。

012_201506152157300e4.jpg

全力でブレーキをかけながら恐る恐る下る。

013_20150615215731a44.jpg

014_20150615215733d87.jpg

一方まめこは、マウンテンラン(下り)。
何故この坂を走ろうと思うのかわかりませんが、
止めても聞かないので、野放し。
気をつけて下ってください…。

あと少しで駐車場~って所で下の方から
ぎゃーぎゃー聞こえてきました。

一瞬、子供か鳥かと思いましたが、猿でした。

IMG_3666.jpg

野猿です。

他の所で、声が聞こえたことはあったけれど
こんな近くで姿を見たのは初めて。

5・6匹いたかな??
怖さよりも興味が勝ってしまいます。

3人の中で、一番興味が勝っていたのがまめこ。
徒歩でズカズカ近づいていきます。

あーいう好奇心の塊みたいな輩が、猿に襲われたってニュースになるんだね…。

(無事)駐車場に戻り、

100_20150615221239d82.jpg
まめこは車へ。
私とY君は木曽三川公園までもうひとっ走り。

で、木曽三川公園で再び合流し、サイクリング終了。
走行距離は19km。

IMG_3604.jpg

IMG_3606.jpg

IMG_3607.jpg

その後、名古屋方面に向かいながらブロンコビリーでランチ。

IMG_3672.jpg

名古屋のY'sロードに寄って帰りました。

それにしても…悔しい。
再び特訓だ~~!!

プロフィール

まめじろう&まめこ

まめじろう
 自転車歴:13/11/2~
 愛車:
  ●GIOS AMPIO
   ※通称:ピヨまる
   

  ●GIOS FELUCA
   

  ●TREK Madone4.3
   


まめこ
 自転車歴:13/11/2~
 愛車:
  ●Bianchi ROMA2
   

  ●Bianchi MINIVELO 10
    FLAT BAR
   ※通称:ベロちゃん
   

  ●KUOTA KHARMA EVO
   005_20140607201038adc.jpg


自転車の楽しさを教えてくれた子
  ●LOUIS GARNEAU
    LGS-TR LITE E
     総走行距離:558.56km
   

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

FC2ブログランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
210位
アクセスランキングを見る>>

にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

自転車 ブログランキング

カウンター

現在の閲覧者数:
Total閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR